神戸から世界へ!の願いを込めて…「村元姉妹」こと、タイでフィギュアスケートの指導者として頑張る・姉「村元小月(さつき)」さんとアイスダンス日本代表の妹・「村元哉中(かな)」選手を応援するブログです。
村元小月選手インタビュー2013


kandai20131.jpg

小月選手が大学生になった頃から早4年。
この日をもって村元家の嫁入り道具!?となりました^^



2月17日、関西大学アイスアリーナにて
村元小月選手の現役生活最後のインタビューを行いました^^

当初は、村元姉妹対談インタビュー2013を予定していましたが
哉中選手が体調不良で欠席されていたため、小月選手の単独インタビューとなりました。

哉中選手には、日を改めてインタビューを行なう予定ですm(_)m

その1「四大陸選手権でのお仕事」

その2「フリー100点越え達成に関して」

その3「競技生活を振り返って」

その4「ファンからの質問あれこれ」

その5「休日の過ごし方(ゲスト:彼氏さん(笑))」

その6「将来の夢とファンへのメッセージ」


村元小月選手、ご協力ありがとうございました!
「さっちゃん先生」になっても、応援しています♪

村元小月インタビュー2013 comments(1) trackbacks(0)
村元小月選手インタビュー(その6)



-今話せる範囲での将来的なプランは?


ずっと言ってはいますが、指導者になりたいと言う事がまずは1番大きくて
指導者になるにあたり、まずはお教室を手伝ったり出来たらいいなと思っています。
そうですね…まだ、ハッキリ言える事ではないので…まだ分かりませんね。


-プロスケーターになりたいとは思わないのですか?


昔はプロスケーターに憧れていたのですが…
…はっきり言うと、練習がそこまで好きじゃないので…(笑)


-練習が好きじゃないのに指導者に!?(笑)


教えるのは好きなんです!
自分が…頑張ってこう、やるのが苦手で…(小声)
プロスケーターになったら、そこまで自己管理が出来るかが不安に思って。


-哉中選手の現状の課題はどこだと思いますか?


哉中は、とりあえず…真面目に練習をする事です(笑)
しっかりと目標を持つと言うか、どうなりたいかを考えて
ちゃんと練習をして欲しいなと思います。


-哉中選手が現役時代のうちに、指導者として関わる事はありますか?


そうですね、指導者として出せるアドバイスはしていくつもりです。
妹ですので…相談しやすい雰囲気は作ってあげたいと思っています。


-現役選手達にメッセージ


一番のメッセージは…誰にでも辛い時は絶対来ると思うので
その時に諦めないで、最後までポジティブに頑張って欲しいなと思います。


最後にファンの皆さんへのメッセージ



「今まで本当に応援ありがとうございました。
沢山の応援のおかげで、ここまで頑張る事が出来て、
最後に素敵な引退を終えることが出来ました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも、自分なりに頑張って、新しい人生になりますが
また応援よろしくお願いします。」



最後に「いつか教え子を世界大会に出せるぐらいになりたいんですよね」
と、おっしゃっていました。ご自身の経験を活かせるといいですね♪

村元小月インタビュー2013 comments(0) trackbacks(0)
村元小月選手インタビュー(その5)


インタビューの途中で、彼氏さん登場^^
「彼女をお借りしています〜」と挨拶し、終わるまで待っていてもらいましたm(_)m


-休みの日の過ごし方は?


休みの時は…休みは…(彼氏さんを指さして)大体一緒にいますね(笑)
一緒にいます(笑)(彼氏さんも笑顔で返す)


-いいの?それブログに書いて(笑)


いいですよ(笑)ねぇ、一緒にだらだらしたり…(笑)


-大きく「彼氏といちゃいちゃしています!」と書きますよ?(笑)


…はい(笑)
大体一緒にぼけーっとしてたり、元気があればお買い物に出かけたり…


-だ、そうですが。彼氏さんこれブログに書いて大丈夫ですか?


彼氏さん「…いいんじゃないですか(笑)本人が言ってますので…」
小月さん「だってそうだもんね(笑)」


-彼氏の許可頂きました、と(笑)


一同大爆笑


-お気に入りのファッションは?


ファッションに興味はあるのですが、なかなかこれだと言うものが無くて。
とりあえずカジュアルな感じが好きです。


-彼氏の好みに合わせたりしないんですか?(笑)


…彼は…あんまり好みはないので…(笑)


-(小月さんの服を指しながら)彼氏さんこれで満足?


彼氏さん「今のままで満足です、何でも…はい(笑)」
小月さん「私も(彼のファッションは)なんでもいいので…合わせやすいよね?
お互いこれでいいと思います(笑)」


彼氏さん、タイミング悪く!?来てしまったがばっかりに、
無理やり巻き込んでしまいごめんなさい(笑)


大学の同級生でアイスホッケー選手の彼氏さん。
終わってから「アイスホッケー選手ってモテるでしょう〜」と言ったら
「そうなんですよ〜!」と、眉間にしわを寄せる小月さん(笑)


彼氏さん、イケメンだし本当に素敵な好青年です^^
村元小月選手が、ここまで戻ってこられたのは
アスリートとして、恋人として支えてくれた彼氏さんの存在が大きいと思います。
いちファンとしても、彼氏さんの存在に感謝している次第です。


対談前、村元ママがこんな事を言っていました。
小月さんが関大入学した際、関大スポーツに大きく「期待のルーキー」と
紹介されていたのですが(当ブログの当時の紹介記事です
なんと、彼氏さんも「期待のルーキー」として取り上げられていて
「あの当時は付き合ってなかったけど、こんな偶然もあるんだねえ」と笑っていました。


お二人ともお幸せに♪

村元小月インタビュー2013 comments(0) trackbacks(0)
村元小月選手インタビュー(その4)


Twitter(@satsuki_kana)上でファンの方々に寄せて頂いた質問です。


-小月選手のスケートは、フィンランドのラウラ・レピスト選手に
似ていると思うのですが、似ていると言われたことはありますか?


あー!レピスト!…似ていると言われた事はないのですが、
レピストに似てると思って頂けるなんてとても光栄ですね!
レピストに限らず「他の選手に似てる」と言われた事が無いかな?
自分のスケートを大事にしたいので、
他の選手を意識したり真似をしたいと思った事はないですね。


-ファンからもらったプレゼントは実際に使っていますか?


ファンの方から頂いたものは、もちろん大切に使わせていただいています。
花束などは、すぐ枯れてしまうので、写真に必ず撮って残しています。
頂いたお手紙も、すべて読ませてもらっていて、大切に取っています。
頂いたプレゼントの全てが有難いですね。


-お気に入りの香水やコスメなどはありますか?


香水は使ってないですね。香りの付いたボディーローションを使っています。
よく使うのはヴィクトリア・シークレットのボディーローションですね。
商品名は忘れたのですが…海外のブランドですね。
いつも、アメリカに住むお姉ちゃんに買ってもらって、帰国の際に持ち帰ってもらったり
お父さんに持って来てもらったりしていますね。海外でしか手に入らないので。


-スケートをされている方から。カウンターのコツを教えてくださいと…


カウンターですか!?
カウンターはひねるのが大事ですね。上半身のひねりをしっかり行う事。
あとは、とにかく練習しかないですね。

村元小月インタビュー2013 comments(0) trackbacks(0)
村元小月選手インタビュー(その3)


 


写真は昨年11月に行われた関西学生フリー大会での一コマ。
早朝の開催で「起きてますか〜?」なテンションの試合でしたwww


-競技生活で1番思い出になる事は何ですか?


いや…思い出はいっぱいあり過ぎて、これと言うのは無いかも…しれないですね。
沢山ありすぎて…ただ、最後のシーズンがすべていい結果、良い演技で終われたので
その事は恐らく1番の思い出になると思います。


-怪我からの復帰も大きな出来事でしたね。
復帰した頃は、怪我前のように3Loを飛べなくなるのかなぁと思っていました。


私も、復帰した頃は「もうループは出来ないだろうな」って思ってたんですよ。
だけど、なんか出来ちゃった(笑)


今まで、体重で苦労する事が多かったのですが、
今シーズンは、結構絞れていたと言うか…
シーズンを通して、一番ベストの体重をキープし続けていられたのが、
いいシーズンに繋がったんじゃないかなと思います。
コンディションと言うより、長年体重で苦労していたので、
その苦労が今シーズンは解消され、気持ちを楽にしてシーズンを過ごせたと思います。


-フィギュアスケートで得た事は?


それもまた多すぎて…ん〜?
でも、やはり1番は感謝をする事を学べたと思います。
やはり、自分だけでここまで来られた訳じゃないので、
色々な方に感謝の気持ちを込めて滑ると言う事が大事だなと思いました。


-国体が終わってからは、どのぐらいのペースで練習されているのですか?


このイベント(ウインタースポーツデイ)があるので、それまでは週に3回ぐらい練習していました。
今後はそこまで滑らないかも。ただ、まだ仕事などが決まっていない状態なので
決まるまでの間は、出来るだけ練習に来ようとは思っています。


-引退して生活面での変化は?


何をするにおいても気持ちがとても楽ですね。
今までは、何をするにおいても「夜から練習だ」「明日は練習だ」と考えていましたが
今は、食べたいものを自由に食べられますし(笑)、時間に余裕ができましたね。
大学は…ギリギリですが、多分卒業できるはずです。何とか大丈夫かな?(笑)


小月選手、ウエイトコントロールにはジュニア時代から本当に苦労されていたんですよ。

試合ギリギリまで体重が落ちず、焦る事も日常茶飯事。
食事を作る際、同じ料理でも小月選手は胸肉、哉中選手はもも肉を使い
白身だけの卵焼きを作ったりなど、村元ママにもかなり苦労があったそうです。
哉中選手は太りにくい体質の上、とても食いしん坊(村元パパ談)なので
いつも小月が羨ましがってたんですよ〜と言っていました。

村元小月インタビュー2013 comments(0) trackbacks(0)
村元小月選手インタビュー(その2)

 

写真はNRW杯SPより。


-国体で演技を終えた瞬間、何を思いましたか?




ホッとした気持ちがまずは1番だったのですが…
「もう終わっちゃったんだ」と言う、嬉しさと悲しさが混じっていましたね。




-NRW杯からの4試合、全ての試合でフリー100点越えを達成されたのですが、
シーズンの最初から目標にされていたのですか?




今までずっと90点…100点手前でいつも止まっていたので
「なかなか100点が出ないなぁ」っていつも思っていて…
今シーズンとは言わず、100点越えは、常には狙っていたんですよ。




-フリーのジャンプが、後半に5つ(1.1倍となり高得点になる)と言う構成でしたが
それは、100点越えを狙うに当たり、コーチ達と相談して決めたのですか?




そこまで相談した覚えは無くて、振り付けをしていて気が付いたらそうなってたんです(笑)
100点越えを狙って組んだ訳でなく、振り付け上運よくそのような構成になっただけです。




-意識していなかったとは言え、後半に5つのジャンプを跳ぶのは大変ですよね。




そうですね。シーズンの最初は辛かったですね。
なかなか全てをまとめると言う事は難しかったのですが
他の選手達のように、フリップやルッツを飛べないので
このような形でちょっとずつポイントを稼いでいくしかないので…
とにかく、練習を重ねていくしかなかったですね。




-フリー100点越えを達成された瞬間はどのような気持ちでしたか?




凄く嬉しかったです!NRW杯が初めての100点越えだったのですが、
達成感と言うか…凄く自信が付きましたね。




-その割には現地では涼しい顔していたように思いますが(笑)




そうでしたっけ(笑)
NRW杯に関しては、順位は気にせず自分の演技にだけ集中しようと思っていました。
その上で目標を達成出来た事が嬉しかったですね。




-良い自信が、全日本以降の試合に繋がったんですね。




今シーズンは、練習からジャンプが安定していて
大げさに言うと、自分の中で失敗する感じがしかなったんです。
だから、落ち着いて試合に臨めましたね。

村元小月インタビュー2013 comments(0) trackbacks(0)
村元小月選手インタビュー(その1)



-四大陸選手のお手伝いに行かれたそうですが、どのようなお仕事をされたのですか?


3人で行っていたのですが、選手全員のインタビューを取って
自分から質問したりもしますし、テレビの取材をしている場面があれば
その内容を聞き取って、メモをしたものを英語にしてパソコンに打ち込むんです。
英語に打ち直したものをプリントアウトして、海外の新聞記者やジャーナリストに配布して
クイック(←聞き取れず)と言うのですが、選手達のコメントを英語で紹介するんです。


最後に、記者会見も全部見て、すべてのコメントをまた英語で打ち込んで…と、言う仕事です。


-パソコンに打ち込むのが大変だったのでは?


大変でした!英語で3枚ぐらい…2時間ぐらいパソコンと向き合ってやっていました(笑)


-その作業を哉中選手と一緒に行っていたのですか?


いや、哉中は違う仕事で、タイムを計る仕事かな?
ジャッジの真後ろに座っていたんです。
私の仕事は、東京から来た方2人としていました。


-会場で見かけた方によると「英語で話している方が堂々としている」と(笑)
(目撃談によるとジャーナリストさんと会話している姿がかっこよかったとの事でした)


そうなんですか?(笑)
やはり、英語で話す選手が多かったので話やすかったですね。


-もちろん、選手とも会話されたのですね。


リンクから出てきて、すぐに取材を行うのですが
その場にずっと居たので、私が聞きたい事があれば選手にすぐに聞きに行ったり.
質問の内容は、自分で決めたりもしました。


-自分で質問したい事を聞けるなんて、楽しかったでしょうね。


楽しかったですよ!…とても大変だったんですけど、
選手達にも沢山会えて、ジュニア時代に同じ試合に出て、
私の事を覚えてくれている選手も沢山いたので、久しぶりだねって言ってくれたり。
(日本の選手からは)久しぶり!と、言うよりは
みんなに「何でここにいるの?」って言われました(笑)


鈴木明子選手が、演技が終わって…表彰式の前かな?
選手達が集まってワイワイしていたのですが、そこですぐインタビューさせて頂きました。
すぐに行ってしまい、ゆっくり話を聞く事は出来なかったのですが
忙しい中でも、しっかりと答えてくれたので、有難かったです。


(Twitterでのやり取りは上記のお礼だったそうです)


-演技を実際にご覧になり、印象の残った選手は誰ですか?


一番は、ミーシャ・ジー選手ですね。
多分、NRW杯に一緒に出てました…よね?出てましたよね!
その時は演技を観られなかったんです。
噂では、凄く踊る選手と聞いていたのですが、実際に生で観て
スケートに対しての情熱とパフォーマンスが凄いなと思って、とても気に入りました!


ジー選手のコーチは、海外の試合で何度かお見かけした事があるような気がするのですが、
ジー選手ともは、以前あった気がするけど…覚えてないですね。

村元小月インタビュー2013 comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
MOBILE
qrcode
村元小月(むらもとさつき)
1990年5月15日生まれ
関西大学卒業
2013年選手を引退後はタイでフィギュアスケートの指導者として活躍中。
詳しくはこちら
村元哉中(むらもとかな)
1993年3月3日生まれ
2014年からアイスダンスに転向。クリス・リード選手と共に平昌五輪出場を目指しています。
関西大学4年生
木下クラブ

詳しくはこちら

メールフォーム