神戸から世界へ!の願いを込めて…「村元姉妹」こと、タイでフィギュアスケートの指導者として頑張る・姉「村元小月(さつき)」さんとアイスダンス日本代表の妹・「村元哉中(かな)」選手を応援するブログです。
村元哉中選手インタビュー2013


4月7日、関関戦の中、お時間を頂いて村元哉中選手のインタビューを行いました。

村元姉妹恒例!?小月さんが1年生の頃から何故か
「関関戦の日はシーズン反省会」が恒例行事となっておりますm(_)m
哉中選手にも引き継がれ、今年も行わせて頂きました。

哉中選手、この日は試合への出場はなかったのですが、
ビデオ撮影などで、忙しくされている中お時間を作ってくださいました。
「お待たせいたしました!!!」と、やってくる哉中選手に
「居酒屋の店員か!」と突っ込んだのは内緒^^



その1「今シーズンを振り返って(大学生活の事)」

その2「来シーズンのプログラムについて」

その3「小月お姉ちゃんとの思い出」

その4「休日の過ごし方など(ファンの方の質問中心)」

その5「来シーズンの抱負とメッセージ」


哉中選手、お忙しい中ありがとうございました!!!

村元哉中インタビュー2013 comments(0) trackbacks(0)
村元哉中選手インタビュー2013(その5)




涙の数だけ強くなれるよ♪

思い通りにいかず、悔しいシーズンとなりましたが、
すでに前を向いて進んでいる選手には、インタビュアーとして元気を頂きました^^


-今の所引退は大学卒業と同時、と言う風にお考えですか?


はい、今の所そう考えています。


-そう考えると残りあと3シーズン


そうですね…あっと言う間ですね。


-残り3シーズン、どのように過ごしていきたいですか?


大学1年目のシーズンを本当に後悔と言うか…
やりきってなかった感じが自分の中で残っているので
残り3シーズンと考えると、本当にあっと言う間だと思いますし
自分自身が後悔しないように、
納得できるシーズンを過ごしていけたらいいなと思います。


-強化選手に残れそうでしょうか?


どうでしょうか…多分残れるかな?分からないです。
ジュニアの選手たちがいっぱい上がってきますからね。
連盟の方から連絡が来ると思いますが、
今は、強化指定を頂けるかどうかと言う事はあまり意識していないです。


それよりも、来シーズンは本当に頑張らなきゃって思っています。


-最後に。ファンの方へのメッセージ。


大学生になり、1年目で様々なことを学んだので
本当に、2年生になってからは本当に変わって…
意識を高く持った「村元哉中選手」でありたいと思っています。
そんな私を応援していただけたらなと思っています。
これからもよろしくお願いします。

村元哉中インタビュー2013 comments(0) trackbacks(0)
村元哉中選手インタビュー2013(その4)






これもまた超お宝写真かも…(笑)

この3人、お気づきの方は分かりますよね?
そして、このタイミングでこれを出してきた理由も…^^

中央が細田采花選手、右が上野沙耶選手。
このお二人も、この春より関西大学に入学しアイススケート部の一員となりました。
こんなちっちゃい頃から、この3人は仲良しで、共に戦ってきた仲間達なのです。
ジュニア時代から切磋琢磨してきた3人で、関大を引っ張って行って欲しいし
國分紫苑選手を含めた、学内での熱き戦いにも注目したい所です。
一年生のお二人とも、哉中先輩にはお手柔らかに〜m(_)m




-休日の過ごし方は?


休みの日は…学校が始まったので、とりあえず授業行って
帰ってきてゆっくりして寝る。って感じなんですけど
春休みとか学校のない日、オフの日は友達と遊んでるかな?


-お気に入りのファッション、シャンプーやフレグランスなどは?


シャンプーは、今はアジエンス使ってます。
フレグランスは、今ソニプラで春限定のなんか…ボディスプレー?
その匂いがすごく気に入ってて使ってるんですよ。
ファッションはほとんど海外のブランドで
Forever21ってブランド結構ハマってます。安いので。


-ファンからのプレゼントはどうしていますか?


あまり頂く機会はないのですが…とりあえず頂いたものは
一旦ママに預けてママに保管してもらっています。
置物やぬいぐるみは部屋に飾ったり、実家に飾っています。


-スケート以外でトライしてみたい事はありますか?


スケート以外ですか?ん〜?あんまり考えた事ないです(笑)

村元哉中インタビュー2013 comments(0) trackbacks(0)
村元哉中選手インタビュー2013(その3)





美しき姉妹愛を語るこのページに、この写真をもってくる私(笑)
これも姉妹の黒歴史美しき1ページと言う事で^^
ただのコスプレ大会ではなく、神戸カップと言うエキシビション形式のコンペの一幕なのですが
来年は、國分紫苑選手と男装して一緒に出るように!とリクエストしてみます^^


-国体と言えば…哉中選手、めっちゃ号泣でしたね(笑)



えへへ…はい、号泣しましたね(笑)



-演技前から涙が止まらなかった?



演技前が1番、なんかもう「さっちゃんこれで本当に最後なんだな」って思いが
抑えられなくて泣いちゃって。演技は集中して見たかったので
演技中はあまり泣かなかったのですが、終わってからまた泣いちゃって(笑)



-泣きながらピース(笑)



ふふふ(笑)←照れ笑いする哉中選手



-哉中選手にとって、小月選手との1番の思い出は?



本当に小さいころから、哉中が5歳でお姉ちゃんが8歳でずっと一緒にやってきたので。
1番の思い出は、とりあえず、最後を一緒に笑顔で終われた事ですかね。
お姉ちゃんも本当に沢山苦労してきたし、色々な思い出があったと思うので
(そんな姉が)笑顔で終えることが出来て本当に嬉しかったです。



-小月選手が引退して早2ヶ月?引退された実感はありますか?



ありますね!練習の時も、いつもお姉ちゃんがいるから
楽しかったというか…やる気ない時も(笑)、お姉ちゃんが居るから
頑張らないとなと思ったりもするんですけど。
お姉ちゃんが居ないと、本当に一人なんだな…と実感しますね。



-お姉ちゃんにコーチと言う立場で関わって欲しい部分はありますか?



お姉ちゃんにですか?



-キス&クライに座って欲しいとか?



あぁ!そういうのありますね(笑)
後は、試合とかで、振り付けや演技を観てもらって、
課題などをアドバイスしてくれたら嬉しいですね。



-ジャッジパネルに入って採点されるとか?(笑)



…それはちょっと…嫌ですね、なんか(苦笑)



-「なんで哉中にこんな点数つけるのよ!」とか喧嘩になったりしてね(笑)



うんうん(笑)

村元哉中インタビュー2013 comments(0) trackbacks(0)
村元哉中選手インタビュー2013(その2)


インタビューはプログラムが決まる前のお話…と、言う事を前提に読んで頂きつつ。


=====ここから=====


-来シーズンのプログラムは両方変えるそうですね。

両方変えます。曲はまだ決めていませんが…両方変更します!

-ファンの方から、フリーのスワンレイクが素敵なので続けて欲しいとの声がありますが。

そうなんですか?(ちょっと驚きの表情)
スワンは全然良い演技が出来なかったので、もう1年続けようかなと思ったのですが
気持ち的にも全部変えたくて、両方とも変えることにしました。

-挑戦したい曲やプログラム、依頼してみたい振付師の先生などはいますか?

振付師は、宮本賢二先生とカタリーナさん(カタリーナ・リンデンさん)
以前のままなのですが、曲は…まだあんまり考えてないのですが
ショートは明るい曲にしてみようかな。
明るい曲のほうが、気持ち的にも楽になれるのかなって思って。

-今シーズンのSPは美しいけれども、とても難しいですよね…

そうなんですよ〜!凄く難しいんです。
気持ち的にも、聞いていて悲しくなってくるので…(笑)

-ちょっとミスすると、全てが台無しになってしまう。

そう!そうなんですよ!本当に難しかったです(笑)

-チャリティ演技会の演技は、ジャンプを敢えてダブルにすることで
全体の流れを損なうことなく美しくまとめられたと思います。

うんうん(←と、うなずく哉中選手)

-試合ではそういう訳にはいかないですもんねぇ…

そうなんですよ…(苦笑)


=====ここまで=====

この後、選手より2013-2014シーズンのプログラムが決まったとの報告を頂きました^^

SP:「Seven Golden Men(黄金の七人)」(振付:宮本賢二)



3シーズン続けて、フリーを作って下さった宮本賢二先生が今シーズンはSPを担当。
CMでもお馴染みの有名な曲ですよね^^
「ショートは明るい曲にしたい」と言う希望通り?ちょっとコミカルな振付も入るのでしょうか?


FP:「カルメン」(振付:カタリーナ・リンデン)

「めっちゃ悩んでカルメンにしたんです」との事です^^
ミッションインポッシブルで見せた、情熱的なフラメンコの演技が出来る選手ですから
きっと期待以上のカルメンを見せてくれると信じて、楽しみにしています^^
色んな選手が演じたカルメンですが、哉中選手は独自の世界観を出してくれるでしょう!


フィギュアスケート《女子シングル》カルメンで滑った選手たち - NAVER まとめ http://matome.naver.jp/odai/2135903688805569501

村元哉中インタビュー2013 comments(0) trackbacks(0)
村元哉中選手インタビュー2013(その1)





蔵出し☆村元哉中お宝写真集(笑)

むらもとかなちゃん14さいです。
ピンクはおとなになってもだいすきです^^
この頃から、泣いたり笑ったり、人よりちょっと遠回りしながら
スケートに向き合っている哉中選手。勉強もスケートも全力で頑張っています。


-まずは、今シーズンを振り返って。どんなシーズンでしたか?

今シーズンは、本当に残念な結果ばかりで…
大学生になり、大学生になった新しい自分を見せたかったのですが
やはり、ちょっと詰めが甘かったです。
そういった部分が結果に出てしまいました。

-全日本も、昨シーズンのようにはいかなかったですね。

全日本も…昨シーズンのように自信を持てなくて
練習もちゃんと出来ていないと言うのもあったので、
自信も持てなくて、余裕もなくて…だから緊張したのかな…と。
今振りむいて…振り向いて?

-振り返って、ね(笑)

振り返って!ね。今振り返って…そう思います。

-大学生活との両立はどういったところが大変ですか?

大学のキャンパスが堺キャンパス(堺市)で、
そこから自宅に戻るのが1時間がかり、
そこからまたリンク(高槻市)に行くと言うのが
(移動で)練習時間が削られてしまいます。
勉強の面では問題は無かったのですが、
移動などの時間の使い方が難しかったですね。

-大学の勉強でスケートに役立ってる部分はありますか?

沢山ありますね!
1回生の時に、スポーツ心理学でメンタル面の事とか、
身体の動作の仕組みなどを勉強する機会が多かったので、
ほとんどの勉強が役立っているのかなと思います。

-2回生からは、もっと突き詰めた勉強をされるのですか。

2回生からは、スポーツか福祉かで2つに分かれるのですが
私はスポーツを選んだので、これからもっと本格的な事を学んでいくのかなと思っています。
 

村元哉中インタビュー2013 comments(0) trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
MOBILE
qrcode
村元小月(むらもとさつき)
1990年5月15日生まれ
関西大学卒業
2013年選手を引退後はタイでフィギュアスケートの指導者として活躍中。
詳しくはこちら
村元哉中(むらもとかな)
1993年3月3日生まれ
2014年からアイスダンスに転向。クリス・リード選手と共に平昌五輪出場を目指しています。
関西大学4年生
木下クラブ

詳しくはこちら

メールフォーム