神戸から世界へ!の願いを込めて…「村元姉妹」こと、タイでフィギュアスケートの指導者として頑張る・姉「村元小月(さつき)」さんとアイスダンス日本代表の妹・「村元哉中(かな)」選手を応援するブログです。
スポーツのための速読ビジョントレーニング



「スポーツのための速読ビジョントレーニング」
こちらに、村元小月選手のインタビュー記事が掲載されています。

08-09シーズンSP「TangoAmore」の衣装と、国体の兵庫県ジャンバーの写真の2点。

小月選手が、このトレーニングに出会ったのが2年前。
トレーニングの一環として、スポーツジムの方に勧められたのがきっかけ。
(↑「クラブコング」の松本整先生ですね^^)
同じ関大の先輩、織田信成選手にも勧められたとの事。

(これで思い出したのですが・・・昔、織田選手のトレーニング風景のドキュメンタリー番組の中で、織田選手が壁に掛けられたボード?の点滅するボタンを次々と瞬時に押していく場面があったのですが、あれがビジョントレーニングなのかな?)

このトレーニングを取り入れ、ジャンプに対する苦手意識が無くなった。
スケートリンク全体を捉える周辺視野を養われたり、効果が実感出来た。
自分の可能性をもっと広げられるものとし、今後もトレーニングを続けていきたい。

と、言った内容でした。

小月選手以外にも、プロ野球の小久保裕紀選手などのインタビューが掲載されています。
野球やサッカーなどの、球を追う能力や、チーム全体の動きと言った事を話されていますが
「球技ではないスポーツの代表」として、小月選手が取り上げられています。
今、旬のフィギュアスケートと言う点でも、読者にも興味深いものとなったのではないでしょうか。

購入する前、小月選手のインタビュー以外、専門用語のオンパレードで理解出来ないだろうし
ここで紹介する為にざっくりと読んだら、すぐに本棚行きになるんだろうな〜。なんて思っていました(笑)

実際、読んでみると「ビジョントレーニングとは?」と、言う説明が分り易かったです。
「視力」と「視覚」の違い、日本では専門家が少なく普及に至っていない事、
スポーツに取り入れる事によっての効果例、日常生活における効果なども紹介。
字も大きめで、図も多く取り入れられ、専門書籍と言うハードルを感じさせなく読みやすい。

そして、説明は最初の30ページ程度で、
大半がパズルやゲームで実践するといった形の本だったんです。
これ、私もいくつかやってみたのですが、なかなか難しいんですよ(笑)
結構面白いので、トレーニングと言う堅苦しい感覚ではなく、気軽にトライ出来ます。

小月選手のインタビュー目的で購入したのですが、しばらくハマりそうです^^




「menosite.com」http://www.menosite.com/

「オプトメトリストの時間」http://menosite.blog117.fc2.com/

雑誌・TVレビュー comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://satsuki-kana.jugem.jp/trackback/378
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
MOBILE
qrcode
村元小月(むらもとさつき)
1990年5月15日生まれ
関西大学卒業
2013年選手を引退後はタイでフィギュアスケートの指導者として活躍中。
詳しくはこちら
村元哉中(むらもとかな)
1993年3月3日生まれ
2014年からアイスダンスに転向。クリス・リード選手と共に平昌五輪出場を目指しています。
関西大学4年生
木下クラブ

詳しくはこちら

メールフォーム