神戸から世界へ!の願いを込めて…「村元姉妹」こと、タイでフィギュアスケートの指導者として頑張る・姉「村元小月(さつき)」さんとアイスダンス日本代表の妹・「村元哉中(かな)」選手を応援するブログです。
はちのへ国体
1月26日〜29日、青森県三沢市、三沢アイスアリーナで開催される
「第66回 国民体育大会冬季大会スケート競技会」少年女子の部に村元哉中選手が出場します。

現地速報はTwitter(@satsuki-kana)にて行っています。
また、はちのへ国体公式サイトにて随時結果が更新されています。

http://kokutai2011.jp/

■ショートプログラム

プロトコル
http://www.skatingjapan.jp/National/2010-2011/fs/nationalfestival/data0403.pdf

43.86、第8位につけました。

全体の28番目、最終グループでの滑走でした。
(その前に電源トラブルで試合が中断するトラブルに見舞われました^^;)
少年女子はジュニアルールにて行われ、単独3Tを2loに変えました。
3S-2T、2lo、1A。アクセルは両足着氷になってしまいました。
スピンは全てレベル4を獲得数しましたが、終盤に疲れが見え、スピードに欠けた印象を受けました。

■フリースケーティング

プロトコル
http://www.skatingjapan.jp/National/2010-2011/fs/nationalfestival/data0405.pdf

77.20、8位でした。

全体の13番目、第3グループの1番目です。
前日の公式練習の様子を見て、ジャンプの神様にへそを曲げられてるのでは?と
最悪の事態を覚悟して見てたのですが、それなりにまとめられたのではないかと思いました。
転倒は無かったものの、ジャンプのパンクが目立ち、全体的にスピードが欠けてた印象を持ちました。
その中でも、スピンはきっちりレベル4を2つ獲得。
哉中選手だけでなく、少年女子のフリーはお疲れ気味の子が多かったような気がします。
「スパイラルが無い分、ジュニアの方がキツい気がする」とおっしゃってました。
スパイラルがないと、哉中選手を見た!って気がしませんね^^;

SP8位、フリー8位、121.06点で総合10位でした。

上野沙耶選手の6位と合わせ、兵庫県は団体3位の成績を収める事が出来ました!
[哉中]試合・エキシビション comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://satsuki-kana.jugem.jp/trackback/386
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRY
MOBILE
qrcode
村元小月(むらもとさつき)
1990年5月15日生まれ
関西大学卒業
2013年選手を引退後はタイでフィギュアスケートの指導者として活躍中。
詳しくはこちら
村元哉中(むらもとかな)
1993年3月3日生まれ
2014年からアイスダンスに転向。クリス・リード選手と共に平昌五輪出場を目指しています。
関西大学4年生
木下クラブ

詳しくはこちら

メールフォーム