神戸から世界へ!の願いを込めて…「村元姉妹」こと、タイでフィギュアスケートの指導者として頑張る・姉「村元小月(さつき)」さんとアイスダンス日本代表の妹・「村元哉中(かな)」選手を応援するブログです。
第5回西日本学生フィギュアスケート選手権大会

10月16日、関西大学・村元小月選手が「第5回西日本学生フィギュアスケート選手権大会」に出場されました。

77.08(TES:38.24+PCS39.84)、女子Aクラスで4位入賞でした。

大会結果サイト
http://www.skatingjapan.jp/National/2011-2012/fs_j/intercollegiate-w/index.htm

プロトコル(pdfファイル)
http://www.skatingjapan.jp/National/2011-2012/fs_j/intercollegiate-w/data0205.pdf

女子Aクラス、関大は団体54点で堂々の1位!本戦のインカレにも3名の出場が決まりました。
http://www.k3.dion.ne.jp/~gakuren/nishi5/nishi5_dantaikekka.pdf


現地観戦した限りでは、後半でややスタミナ切れかな?
大きいミスは、終盤の3Sでの転倒(力尽きちゃったかのような^^;)ぐらいで
スピンステップはもうちょっと頑張れ〜だけど、復帰から2戦目ですし
相変わらず、スケートを楽しまれている小月選手がいて、ファン的には満足でした。

現地で貼り出された点数をみて、あれ?こんなに低かった???
90点台を叩き出した近畿ブロックより、リラックスして滑ってるように見えたし
「今日は飛び過ぎてなかったよね!」と、現地観戦の方々とも安心してたのですが
改めて、プロトコルを拝見すると、スパイラルがノーカウントに…
あと、危惧してたスピンステップのレベルですね。
…スピンとステップは、哉中ちゃんをお手本にしてください^^;

今年も関大勢がブイブイ言わせた結果になり、近畿ブロックの勢いを持続しながらも
伸びやかな演技で、堂々の優勝を飾った後輩の國分紫苑選手。
引退のシーズン、迫力のハイジャンプを決めつつも、情感のこもった大人の演技を見せて下さった
先輩の瀬藤愛里選手。先輩と後輩がワンツーフィニッシュを決めてくれました!
長谷愛海選手も怪我を押して根性で頑張ってくれました!
そんな関大勢の中で、小月選手らしく伸び伸びと演技できたと思います。

西インカレで得た課題を、西日本選手権で活かしてくれたらいいですね。


さて、今回の写真ですが…今回は國分紫苑選手がゲスト!?です。




まずは関大の凸凹美女コンビ!

紫苑ちゃんが北海道から来る時「紫苑ちゃんに負けないように頑張ります!」と
張り切ってた小月先輩…懐かしい。小月先輩も紫苑ちゃんも昨シーズンは
色々と苦労してたけど、関大を背負うエースの2人には期待してますよ☆





見返り美人の図。with紫苑。
「はい、振り向いて〜」とリクエスト。見事な凸凹美女コンビですね。
来年はさっちゃんの隣に哉中ちゃん並べて3ショットですか!?


関西大学3回生、ちょっとは貫禄出た??先輩の見返り美人。




関西大学1回生、初々しい?2年前の見返り美人(笑)





小月選手自身はあんまり変わってないけど、
関大ジャンバーのデザインが変わってるんですよね〜。
今の方が暖かそうだし、関大!みたいな存在感があって好きです。


國分紫苑選手には、了解を得て掲載させていただいています。
無断転載はご遠慮くださいm(_)m

[小月]試合・エキシビション comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://satsuki-kana.jugem.jp/trackback/407
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
MOBILE
qrcode
村元小月(むらもとさつき)
1990年5月15日生まれ
関西大学卒業
2013年選手を引退後はタイでフィギュアスケートの指導者として活躍中。
詳しくはこちら
村元哉中(むらもとかな)
1993年3月3日生まれ
2014年からアイスダンスに転向。クリス・リード選手と共に平昌五輪出場を目指しています。
関西大学4年生
木下クラブ

詳しくはこちら

メールフォーム