神戸から世界へ!の願いを込めて…「村元姉妹」こと、タイでフィギュアスケートの指導者として頑張る・姉「村元小月(さつき)」さんとアイスダンス日本代表の妹・「村元哉中(かな)」選手を応援するブログです。
【追記】Challenge Cup 2012動画とエピソード


コストナーやシズニーと言った、世界トップクラスの選手たちが集う中
SP17位からの、フリー4位。総合7位と言う成績を収められた哉中選手。

出発数日前に、足の古傷の痛みが再発すると言うアクシデントがあり
日本でギリギリまで治療を行い、滑りきれるか?心配を抱えたまま大会に臨んだそうです。

痛み止めも持参してたそうなのですが、たくさん飲みすぎると
足の感覚がなくなってしまい、それもそれで滑りに支障が出てしまうそうで。
痛みを堪えて滑った方がいいのか?かなり悩まれたみたいです。



SPは2つのジャンプが失敗した後、ちょっと元気はなかったし、
フィニッシュのポーズと音がずれてしまってたのですが…^^;

ジュニア時代だったら、2つもジャンプ失敗したらパニックになり
魂が抜けるというか、スイッチが切れると言うか(笑)
シニアに上がってからの哉中選手は、ちょっとずつ度胸もついてきて
大きく崩れるような事も無くなってきました。
これでも、彼女なりに、残った要素はまとめられたのではないかと思います。



フリーは、先生と相談し、足の痛みと相談しながらの構成変更。
ジュニア時代に、よく入れてた3S+2T+2Loを決めて
フリップは敢えてダブルにし、いくつかパンクしたジャンプもあったみたいですが
全体的に流れが途切れない演技が出来たと思います。

日本の多くのスケートファンに、村元哉中選手を知っていただいたきっかけの
「ラストエンペラー」は、選手本人も納得して終わることが出来たようです。
心なしか、声援も大きいような気がしますし(←ファンのひいき目?)
海外では、アジアンビューティーなプログラムは受けがいいだろうなと思います。

この中での4位は立派!そしてよくぞSP17位から7位にまで上げられました。

ジュニア時代の事を思い出すハラハラぶりでしたが^^;
まだまだ、彼女を安心して見られるのは先なのかな?
逆に、山あり谷ありをドキドキしながら見守るのも、彼女の魅力の1つでもあったりしますが。

哉中選手自身も、とても楽しみにされていたと言う(笑)
トップ選手たちとも沢山写真を撮ってもらったそうです。
コストナーにも、シズニーにも、ジュベールにも撮ってもらったとの事^^
コストナーとは、SPで同じグループでしたもんね。
トップ選手たちと滑った事は、いい勉強になったそうです。

【6/19追記】

関関戦の際、哉中選手に直接エピソードをお伺いすることが出来ました。

「コストナーもそうですし、シズニー、ヘルゲソンもいたし
マルケイやアボット…とても豪華なメンバーでしたね。
マルケイとは、ニースの試合で戦った事があったので、あちらも覚えていてくれたみたいで、
ヘルゲソンもニースの試合に出ていて、ヘルゲソンもちょっと覚えていてくれたみたいで。
こうやって、手を振ってくれて(手を振るジェスチャーをつけて)嬉しかったですね。
男子も、ブライアン・ジュベールがいたし。とにかく豪華なメンバーでした。
最初はこんな豪華なメンバーの中、自分が派遣されてどうしよう…と思ったのですが
試合に出てみて、この試合に派遣して頂けて良かったな。と思いました」

ニースの試合、と言うのは2009年のクープ・ド・ニースの事です。
マルケイ、ヘルゲソン、のほかに、マカロワや今井遥選手も出ていました。

ジュベールとは写真が撮れたそうですが、アボットはフリーの出来が良くなく
気分がよさそうではなかったので、声を掛けられなかったそうです。
Facebookに写真をアップされてるようですが、こちらでの掲載は割愛します。

[哉中]コメント・エピソード comments(0) trackbacks(0)
comment









trackback
http://satsuki-kana.jugem.jp/trackback/415
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
MOBILE
qrcode
村元小月(むらもとさつき)
1990年5月15日生まれ
関西大学卒業
2013年選手を引退後はタイでフィギュアスケートの指導者として活躍中。
詳しくはこちら
村元哉中(むらもとかな)
1993年3月3日生まれ
2014年からアイスダンスに転向。クリス・リード選手と共に平昌五輪出場を目指しています。
関西大学4年生
木下クラブ

詳しくはこちら

メールフォーム